コスメコンシェルジュLIZのWORLDコスメ図鑑etc・・・

コスメコンシェルジュ 1期生・登録販売者試験合格者の美容ライターLIZがお送りするWORLDコスメ図鑑

【Su:m37℃】の新商品 エアライジングCCクリーム~商品の特徴~

Su:m37℃のエアライジングライン(ベースメイクライン)から
8種が新発売しました♪

私は8種の中から世界的ブームになっている
CCクリームをチョイスしました
【Su:m37℃】CCクリーム
内容量 50ml
価格  42,000w

こちらのエアライジングカラーコントロールクリーム(CCクリーム)
の使用感をお届けいたします✲◕‿◕✲

商品の特徴・主成分

肌への負担を減らし、肌に合ったナチュラルで明るい
肌トーンを演出するカラーコントロールクリームです。
エアライジングライン(ベースメイクライン)の特徴の
肌の呼吸を妨げない軽い使用感と竹パウダー配合による
肌に優しいテクスチャーが特徴です。

自然の生命力をたっぷり詰め込んだ80種類以上の
植物発酵成分配合により、滑らかでツヤのある肌を
表現し、植物から抽出した精製エッセンシャルオイルが、
しっとりと輝く肌に導きます。

人工香料・人工着色料・合成防腐剤・タルクを添加せず
肌への負担を最小限に抑えた製品です。

【効能・効果】

紫外線から肌を守り(SPF28/PA++)
明るい肌トーンを演出します。


使用方法

基礎スキンケア後、適量をとり両頬・額・鼻・顎
に点を打つようにつけます。
内側から外側へ肌のキメに沿って塗りながら
カラーカプセルを割るようにのばします。
なじみにくい小鼻や口の周りなどは丁寧に
よくのばし、なじませます。

使用感

パステルパープルベースのクリームに
カラーカプセルが配合されているタイプの
CCクリームです。
【Su:m37℃】CCクリーム

塗り伸ばしていると指先にカラーカプセルの
粒粒感があり、カラーチェンジ開始までやや時間がかかります。
【Su:m37℃】CCクリーム

【Su:m37℃】CCクリーム


さらに塗り伸ばしていくとややツヤ感のある仕上がりに。
【Su:m37℃】CCクリーム

肌を明るく演出しながらカバー力もあり、
軽い使用感が特徴です。

【Su:m37℃】CCクリーム


虫眼鏡アイコンメイク後の肌表面の状態を観察。

下のハートの紙を使ってメイク後の肌の状態を
観察する為の実験をしました。
【Su:m37℃】CCクリーム


【Su:m37℃】CCクリーム

①CCクリーム適量を手に塗り、その上に紙を
のせ上から軽く抑え紙を肌に密着させました。
②少しずつ手を傾けます。
③9枚中5枚がはがれおちました。

実験に使用した後の紙を見るとCCクリームが
紙に付着しています。

大きな声では言えませんが・・・
擦れなどにはやや弱い印象です。
また朝こちらのCCクリームのみを使用し
2時間後粒子の細かい缶タイプのミストを使用したところ
よれてしまったので、汗・水にも弱いようです。

朝のメイクの段階で、こちらの製品だけでは 
メイクが崩れやすいように感じたので
ベイクドエッセンスサンと組み合わせて使用してみたところ
メイク崩れが緩和し、よりサラサラとした肌に整うので
肌を爽やかなサラサラ感に仕上げたい方は、CCクリーム+ベイクドエッセンスサン
のセット使いがよいように思います。

またカバー力は程よくあるタイプのCCクリームですが、
さらにカバー力を高める為にモイストクッションファンデーションを
重ね塗りするとよりカバー力が高まるので、カバー力・ツヤ感を
求める方は、CCクリーム+モイストクッションファンデーション
メイクをされるとよいと思います♪
(乾燥肌さん~普通肌さん向けのメイク方法です。)

しっとりとした使用感とパウダリーな
質感の両方を兼ね備えたこちらの製品は
BBクリームのようなしっとり感がありながら
パウダーのように軽く、エアーライジングの
ネーミング通りのとても軽やかな使用感ですアイコン
ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


スポンサーリンク

使用感・レビューは、私の感じた事を書いておりますので
すべての方のお肌に合うとは限りません。
商品の内容量・価格・販売店は、レポート時点での情報ですので、
価格の変動、販売終了などある場合がございます。
参考までにご覧いただき、お買い物は自己責任でお願いいたします。


当ブログの文章や画像(写真)の
無断転記・無断複製・無断引用・無断抜粋は厳禁です!
      

 ベースメイク CCクリーム